機動戦艦ナデシコ「if誰よりも早く貴方に出会っていたら・・」

第五話:るりちゃんとあきとくんの「こうかいにっし」...ぜんぺん

どうも、こんにちは。星野瑠璃です。って、日記なのにあいさつしてるのって何か変

だけど、あんまり気にしないで。あれからどうなったか、って?

あの後ナデシコは浮上。「グラビティ・ブラスト」っていう新兵器の主砲で、蜥蜴さん

達を一掃しちゃいました。あんまりあっけなかったんで、

ムネタケ氏も返す言葉がなかったようです。明人さんも、無事帰還。よかった・・

こ、こほん。とにかく、ナデシコは、無事発進しましたが、

肝心要の艦長が、あんな人じゃあ・・・先行き不安です。ときおり鋭い采配を

見せるんですが、普段は脳味噌とろけちゃってるんじゃあないかって印象で、

頼りないことこのうえなし、です。出航したばかりで何かと忙しいのに、艦長細かい

ところは私たちに任せて、今日も明人さんにべったりです。そういうのって、

職権乱用って言うんじゃないでしょうか?私は別に、艦長がいなくても

仕事に支障ありませんが、明人さんはコック見習いで、結構忙しいんですから、

邪魔しないであげて欲しい物です。明人さんも少しは断ればいいのに・・・

おまけに、エステバリスのパイロットの山田さん、あの人もほんとばか。

明人さんと同室になったんだけど、なんだか変な漫画見せて、喜んでます。

えっと、確か「ゲキガンガー」とかいうアニメだそうですが、何かやたらと

暑苦しい印象を受けます。「熱血」とか「青春」とか「友情」とかが、あまりに

色濃く全面に押し出されていて、ちょっといや。

挙げ句の果ては、感動シーン(どの辺が感動なのか、わからないけど)で、明人さん

と山田さん、抱き合って泣いていました。・・・ばか。

男の人って、変な物で意気投合してしまうものなんですね。私にはよくわかりません。

なにしろ、私、少女ですから。

o月×日

ほんと、今日は大変でした。無事出航できたと思ったのもつかの間、今度はナデシコ

艦内で、騒動です。プロスさんがスカウトしてきた軍関係のアドバイザーのお爺ちゃん、

お名前はフクベ提督だそうですが、その提督さんにくっついてきた金魚のふんさん、

きのこの人・・・ええっと、・・・そう、ムネタケさんでしたか、あの人が突然内乱

起こしちゃいました。最初はナデシコの戦闘力にかなり?だったくせに、いざ実際

戦闘で使えるとわかると、ナデシコを連合軍に引き渡すように要請してきたんです。

「こんな素人達には、この船はもったいないわ。私たちプロの軍人が使ってあげる

から、ありがたく思いなさい。」ですって。勝手なもんね。

とにかく、一時ナデシコの機能は奪われちゃったし、私たちもナデシコ食堂に押し込め

られちゃう始末。けれど、そう言う状況ではしゃぎまくっている人が約一名。そう、

山田さんです。山田さんに言わせると、たいへん「燃えるシチュエーション」だそうです。

何が燃えるのかわからないけど、未だ怪我が治っていないんですから、現在は

うるさいだけの役立たず、ですね。

で、実際に反撃の口火を切ったのは、やっぱりこの人。明人さんでした。本当なら、

このまま軍に引き渡しちゃえば、私たちも晴れて放免。戦艦なんかに乗って戦わなくても

済んだんですが、出航の際プロスさんが言ったナデシコの目的「スキャパレリ・プロジェクト」

を聞いてから、明人さんの様子が変でした。そう、明人さんは火星生まれ。同胞を救いたい

と思うのは、無理ないかも。明人さん、優しいから・・・・・

いいんです、明人さん。貴方の思う道を、行ってください。私、・・ついていきますから。

o月+日

前日の反乱騒ぎも落ち着いて、いよいよナデシコ、大気圏突破、一路火星に向かいます。

けれども、反乱によるナデシコ拿捕に失敗した軍は、今度は第一次から第六次までの

防衛線をフルに使って、ナデシコを力ずくでも押さえ込もうとしています。懲りない連中ね。

張り切って第六から第四防衛隊が、ナデシコに襲いかかろうとしましたが、それに反応した

蜥蜴さん達が、防衛隊に襲いかかります。あっという間にナデシコどころじゃあ

なくなっちゃいました。その隙に、一挙に第三防衛ラインまで上昇です。

そして、いよいよ第三次防衛ライン。宇宙用の機動兵器「デルフィニウム」による迎撃です。

こちらもエステバリス出撃です。今回は正規のパイロットの山田さんが出ますが・・

「よーし、天河ばっか目立ったけど、今回から俺が主役だっ!いくぜ、ゲキガンガー!」

ですって。・・・ばか?

とりあえずエステ、空戦フレームで発進です。宇宙用フレームは、宇宙ステーションで開発、

制作しているため、唯一飛行できる空戦フレームしか出せる機体がありません。

低い高度ならば空戦フレームの方が有利ですが、高度が上がるにつれて、宇宙用の

デルフィニウムの方が有利になってきます。おまけに数も違いますし。あ、囲まれた。

やっぱり、一機だけじゃあ戦力不足ですね。しかし、こうなるとまたあの人に出撃命令が

下ってしまいます。もう、危ないことはしないで欲しいんですが・・・

やっぱり、明人さんに出撃命令が出たようです。仕方ないことだとは、わかっている

んですが・・・あんまり無理しないでください。貴方は、コックなんですから。

これで、終わりにしてもらいたい物です。

それはそうと、デルフィニウム部隊の隊長さんから、ナデシコに通信が入っています。

通信?なんでしょう?モニターに映った人は20歳ぐらいの、少し頼りなげな男の人。

「こちらはデルフィニウム部隊隊長、淳・アオイ少尉。ナデシコ、いや、百合花!聞こえてる

んだろう!」どうやら、艦長のお知り合いのようです。戦闘中に通信だなんて、余裕ですね。

何を言いたいんでしょうか?・・・艦長の反応は?

「あっ、淳君、おひさしぶりー。元気にしてたー?よくわかったねー、私がこの船に

乗ってるの。」・・・かんちょ、それ戦闘中に言う台詞じゃあありません。

「百合花、今すぐナデシコを止めるんだ!おとなしく軍に引き渡すんだ!」アオイ少尉、

聞いているのかいないのか、ムネタケ氏と同じ事を言います。あんまり個性的じゃあ

ないです。もっとも、どう言うのが個性的なのか、ってきかれると、困りますが。

「えーっ、どうしてー?私これからこのナデシコに乗って火星に行くんだよー。引き渡し

たりしたら、いけなくなっちゃうー。」・・かんちょー、遠足かなんかに行くんじゃないんだから。

「な、何言ってるんだ、百合花!幾ら優秀な戦艦だとしても、一隻だけで火星に向かう

だなんて、自殺行為だ!それより軍に引き渡して、月軌道奪還から始める方が戦略的

に正解だ!君もミスマル提督の娘として、戦略家としての手腕を発揮できるじゃあ・・」

「!お父様のことは関係ないわ、淳君!それに、今こうしてる間にも火星の人たちの

生存確率は、どんどん下がってるわ!急がなきゃならないの!」

艦長、途端にシリアスモードです。いつもこうならいいんだけれど。

「しかし・・」「だーっ!何ごちゃごちゃいってやがるんだっ!助けを必要としている人間が

いるから、助けに行く!それでいいじゃあねえか!相変わらずだなあ、おめえはよ!」

突然、山田さん乱入です。もしかして、知り合い?

「な!?や、山田か!?何でこんな所に?」「だーっ、山田じゃあねえっ!ガイだ、ガイ!」

「やっぱ山田だ・・もしかして、おまえもナデシコに!?」「おおよ、エステバリス隊のエース、

ダイゴウジ・ガイ様とは、俺の事よ!」「ちょっと、それ違います。エースは私の明人なんだ

から。ぷんぷん。」「わ、私の!?ゆ、百合花?誰なんだ、そいつは!?」

なんか、まためちゃくちゃになりそうな予感です。・・それにしても、艦長、どさくさ紛れに

「私の」を付けないでください。明人さんが迷惑しますから。しかし、こういう台詞の後、

この艦長が言う台詞ときたら・・たぶん、あれでしょう。

「うん、明人っていうのはねえ、私の『王子様』なんだよー(ポッ)」「な、なんだってえ!?」

・・・ほら、やっぱりそう。あ、そうこう言っている内に、明人機、戦域に到達です。

タイミング最悪ですね。現れたエステバリスにデルフィニウム、明らかにオーラなんか

出しながら、詰め寄っていきます。もう、ナデシコのことなんかどうでもいいって感じね。

「おまえが『明人』とかいうやつだな!」「え!?あ、そ、そうだけど、俺は別にあいつとは

何の関係もないわけで・・」「ええい、うるさーい!勝負だ、明人!」「はあ!?どうして

そうなるんだよっ!!」「男と男の勝負だっ!もし僕が負けたら、デルフィニウム部隊は

撤収させる!」「え!?」「ち、ちょっと、少尉!?」「ちょっと待てよ、おい!」

なんだか関係ない方向に話が進んでいます。やっぱり予想通り、めちゃくちゃになりました。

「百合花!そのかわり僕が勝ったら、ナデシコを引き渡してもらう!」「じ、淳君・・・・

わかったわ!明人、貴方に全てを任せます!」「ちょっと待てー!!」「がんばって、私の

王子様!」「だーっ!ちがうだろーがっ!俺とおまえはそんなんじゃあ・・」「問答無用!」

「おーっ、燃える展開だねー、よっしゃ二人とも!一対一の勝負、邪魔はいれねえし、

いれさせねえ!思う存分やれい!」「勝手なこと言うなー!」「勝負だ!」

・・・もう、勝手にやって、って感じ。とりあえず、今回はここまで。・・・え?・・・『あれ』ね・・

えっと、どうも始めまして。俺、天河明人っていいます。本当はコックなんだけど、

IFSつけてたせいで、「エステバリス」とかいうロボットのパイロットにさせられて、

木星の奴らとの戦いにかりだされてしまったんす。俺はただ逃げ回っていただけのような気が

するんだけど、どうやら上手くやれたらしくて、浮上してきたナデシコにバッタ達は一掃されました。

瑠璃ちゃんも無事だったし、よかった。

しかし、そのナデシコの艦長があのミスマル・百合花だったのには驚いたなあ。外見

はかなり変わっていたけど中身は・・昔のまんまなんだもんなあ。お隣さんの関係で、

幼稚園と小学校は一緒だったけど、やたら「王子様」を連発するのには、

まいったっけなー。・・・・いまも。そうか。まあ、もう俺がエステに乗ることはないだろうし

そうそう一介のコックと艦長が会うことなんて・・と、思っていたら、あいつ

暇さえあれば俺ん所に遊びにくるし。艦長なんだから、仕事が山ほどあるんじゃあないのか、

と言ったんだけど、あいつ「大丈夫だよ、優秀なオペレーターがいるから、楽ちん、楽ちん」

てな調子だもんなー。瑠璃ちゃんも、大変だ。

そういえば、俺と同室になった山田、いや、ダイゴウジ・ガイ、だったか、な?(あいつ、こう

言わないと、怒るんだよなー)なんか変な奴だけど、まあ根は悪い奴じゃあ無いみたいだ。

昔俺も火星で見たことのある「ゲキガンガー」っていうアニメがあるんだけど、あいつその

ゲキガンガーのビデオを全話もっているんだ。俺も久しぶりに見たけど、なんか久しぶりに

燃えたなー。なんかこう単純なんだけど、正義がそこにある、みたいな感じで、見ていて気持ちが

いいんだよな。特に海燕のジョーが、仲間をかばって死んでしまうシーン、あれは泣けたなー。

山田、じゃない、ガイの奴も、何回見ても泣けるって言ってたっけ。男の死に様はああでなくっちゃ

なんて、いってたもんな、あいつ。まあ、わかる気がするな。

俺も一応、男の子だってことかな?

o×日

ほんと、今日はさんざんな一日だったなあ。木星の連中を倒して、いざ出発と言うところで、

あの例の偉そうな軍人の、ええっと・・なんて名前だっけ?・・そうそう、ムネタケだったっけ。

あいつが、ナデシコを乗っ取ろうとしたんだ。民間にこんな強力な戦艦は必要ない、軍の方で

使ってやるからありがたく思いなさい、なんて勝手なこといいだして。

だいたい、最初からナデシコに呼ばれた訳でもないくせに、フクベ提督にくっついてきた

おまけ扱いだったらしいけど、まさか反乱を起こすなんて・・・

それだけ軍もナデシコに注目していた、ってプロスさん言ってたけど、そんなにすごい船

なのかな、この船。幾ら最新鋭の戦艦でも・・・

とにかく、ムネタケの奴、一斉に蜂起、あっという間にナデシコを占拠しちまったんだ。

俺達も銃を突きつけられて、食堂に押し込められてしまった。

もっとも、こういう状況でも一人元気な奴がいるんだよな。そう、あいつ。

「ダイゴウジ・ガイ」。こんな燃えるシチュエーションざらにないぜ、って燃えまくりだもんなー。

もっとも、あいつまだ足が折れてんだから、動けないけど。本当なら、このまま軍に

ナデシコを引き渡してしまえば、瑠璃ちゃんも俺も戦わなくて済む。・・・けれども、プロスさんが

言っていた「スキャパレリ・プロジェクト」。火星の人たちの救出作戦だって聞いたから・・

俺、火星の人たちを助けたい。軍は・・火星を見捨てたから、たとえナデシコを手に入れたとしても

火星を助けに行ってくれるとは思えない。だったら、たとえ民間の船でも、助けにいけるんなら、

俺は行きたい。もう一度、火星の・・俺の故郷を、見届けたい。だから・・・・

ごめん、瑠璃ちゃん。こんな事につきあわせちゃって。

o月+日

大変だった反乱騒ぎも一段落。ムネタケの奴もカプセルに詰め込んで放り出したし、今度こそ

火星へ・・と、思ってたんだけど、やっぱそうすんなりと行かせてはくれないらしい。

さっきから軍のミサイルが、やたらナデシコに飛んできて、揺れること揺れること。

もっとも、本来ミサイルなんか食らったら、揺れるじゃあ済まないんだけど、さすが最新鋭、

びくともしないもんな。心配していた木星の兵器の攻撃も、地球軍との小競り合いで、

ナデシコにまで届きそうもないし。とりあえず、出番なし、だな。もっとも、俺コックだけど。

そして、第三次防衛ライン。エステの一つ前の機動兵器「デルフィニウム」が、攻撃を仕掛けて

きたんだ。今回は、山田の奴が一人でやるっていうんだ。俺も出ようかって言ったんだけど、

「素人のおまえが危険を冒す必要はねえよ。ま、今回はおれにまかせときな!」だってさ。

あいつも、いいところあるよなー。

あいつ、ゲキガンガーのオープニングなんか歌いながら出撃していったけど・・

なんせ、こっちのエステは一機、相手のデルフィニウムは八機もいるんだ。

大丈夫かなー、あいつ。俺も心配だから、モニターであいつの戦いぶりを見ていたんだけど、

やっぱすごいぜ、あいつ。一機で多数の敵を相手に互角に戦ってるんだもんな。あ、でも・・

やっぱ、一機じゃあ無理なんだ。こうなると・・ほら、きた。ゴートさんだ。

まっ、しょうがねえな。こんなところで死んじまっちゃあ、寝覚め悪いもんな。

瑠璃ちゃんが聞いたら、怒るかもな。「貴方はコックなんですから、危ないことしないで

ください。」って。まあ、宇宙ステーションに着いて、補充パイロットがくるまでのつなぎだから、

これが最後だよ、瑠璃ちゃん。

俺が出撃すると、デルフィニウム隊の隊長から、ナデシコに向かって通信があったようだ。

戦闘中に通信だなんて、何考えてんだ?傍受して聞いてみると・・やっぱ、あいつがらみの

人間だった。淳・アオイ少尉とかいっていたな。いったいどういう関係なんだか。

・・・あいつも、百合花にひどい目に遭っているたぐいの人間なのかな?

百合花の奴は、・・・やっぱ、あいかわらずだった・・緊張感のかけらもありゃしない。

それとも、これも計算の内なのかな?相手の戦意を削ごうとか・・・いや、あいつはそんな

裏表のある女じゃあないな。どんな時でも天真爛漫。あいつの唯一いいところだもんな。

それはそうと、淳ってやつ、ムネタケの奴とおんなじこといってやがる。軍隊にいると

みんなあんなになっちまうのかな?確かに軍隊は木星の奴らに負けが込んできてるし、

一発逆転ねらう気持ちはわかるんだけど、たかが戦艦一隻にそんなに目くじらたてなくても

いいじゃあないか。そりゃあ、淳って奴の言うとおり、たった一隻で火星にまで乗り込んで

行くのは、無謀かもしれないけど・・・火星を見捨てた軍の奴らに言われたくはないな。

百合花も、やっぱ火星生まれだけあって、ちゃんと火星の人たちのことを考えて

くれてんだな。・・ちょっと見直した、かな?

そういえば、百合花のお父さんって、軍のお偉いさんだったんだよな。確か小さい頃、

火星の防衛隊の司令官をしていたけど、地球に配置換えになって、ちょうど同じ頃

俺の父さんと母さんも、地球に左遷されたんだよな。

なんかおっかない顔した、おっさんだったけど。・・そう、ひげを生やしたゴートさんみたい

な人だったな。あ、なんかそっくりかも。これはちょっとした発見だな。

・・・・・だー、ちがうちがう、そんなこと考えてる場合じゃあないんだ。

っと、なんかガイの奴が、話に割り込んできたぞ?そう言えば、あいつ元士官候補生だった

って言ってたな。そんときの知り合いか。百合花とガイ、両方と知り合いなんて・・・・

不幸な奴。

それにしても、なんかまた話がややこしくなってきそうな雲行きだな。

そりゃあまあ、今まで出撃してたのは俺だけなんだし、撃墜数も俺の方が当然多いわけだけど、

本来俺はコックなんだし、比較されても困るわけで・・・あーっ、誰がおまえのなんだよ、だれが!

こういうパターンの後、あいつが言う台詞は、決まってるんだよな。

・・・・・ほら、いいやがった。相手の淳って奴も、かなり動揺している・・・・って、え!?

ま、まさか、こいつ・・百合花に「ほ」の字じゃあないのか?て、ことは、・・・当然その矛先が・・

だーっ!!やっぱり向けてきやがったー!向こうはプロの軍人で、こっちは臨時パイロットの

ただのコック・・どうしろってんだー!そ、そうだ、あいつが勝手に言っていることで、俺には

その気はないって、伝えれば・・・

わ、いきなり話しかけてくるなよ!ええっと、と、とにかく・・・って、おい!?

勝負ってどういうことだよ!?いまはそんなこと言ってる場合じゃあないだろ!?

俺と百合花は、ほんと、何でもないんだったら!って、これもなんか違う・・・

え、何?負けたらデルフィニウム部隊を撤退させる?おいおい、そんなこと出来る訳

ないだろ!何考えてんだ、こいつ!やっぱ、百合花とガイの知り合いだ。

・・・・・って、おい!?普通成立するか、そんな条件!?

百合花!おまえも飲むんじゃあない、んな条件!ああっ、また相手の精神を逆なでする

台詞を・・・おまえもだっ!人の話をきけーっ!

ガイ、おまえもだっ!もともとおまえを助けに来たんだぞっ!知り合いなら、説得とか何とか

しろよっ!「素人に危険は犯させない」ったのはおまえだろーがっ!

え?ちょっと待ってくれ?終わり?なんだよ、それ?ページの都合?んなばかな・・ちょっとま・・

                                       んじゃ、遠慮なく・・

                                     『ほーんと、ばかばっか。』

 

                                −こうへん へ つづく−挿し絵♪

                  お詫び・・今回、次回、共に大変読みにくい構成になっております。思いつき一瞬、文章二倍、手間四倍・・・

                        ・・・もう、二度とやりません。今回は苦情の方が多いかも・・

                          ご感想、苦情は、こちらまで。   langa@tokai.or.jp かがみ ひろゆき 


←BACK

NEXT→

かがみひろゆき様のお部屋に戻る

投稿小説のコーナーに戻る

インデックスに戻る